WiDS TOKYO @ Yokohama City University
第5回シンポジウム
ライトニングトーク・セッション
参加者募集要項

WiDS TOKYO @ Yokohama City University 第5回シンポジウム(以下、シンポジウムと言います。)では、セッションの1つとして、ライトニングトーク(Lightning Talk; LT)・セッションを開催します。

LTとは、「短い時間きっかりで行うプレゼン」です。今回は3分間で、発表はお一人または複数人のチーム単位とし、下記に示しますテーマに関し、皆さんが日頃お考えのこと、アイディア、今後の抱負などを「データを元に」発表していただきます。

応募資格:個人またはチーム(最大 5 名。発表は女性に限る。チームの場合は、半数以上が女性であること。) 今回の応募は、大学院生を含む学生、生徒に限らせていただきます。

応募方法:A4 に、応募者氏名、住所、連絡先メールアドレス、年齢、所属、発表テーマ及び要旨(200字以内)を記載したもの(様式自由)を、以下の ボタン から提出。

LTスピーカー 応募ページへ

応募資格:個人またはチーム(最大 5 名。発表は女性に限る。チームの場合は、半数以上が女性であること。)

応募方法:A4 に、応募者氏名、住所、連絡先メールアドレス、年齢、所属、発表テーマ及び要旨(200字以内)を記載したもの(様式自由)を、以下のから提出。

募集人(チーム)数:最大 10 人(チーム) 応募数によっては選考の場合あり。

発表時間:3 分以内

発表テーマ:「データサイエンス×SDGs×任意のキーワード」
※SDGs の目標達成のためには、データに基づく思考が重要と考えており、今回のライトニングトークでは、上記の17目標の中から1目標を選び、その目標に即した斬新な発表を期待しています。

審査方法:ライトニングトーク審査委員の投票。審査ポイントは以下の通りです。
(1) SDGs の実現に向けた、社会へのインパクトがある内容かどうか
(2) データを意識した提言になっているかどうか
(3) 表現力

表彰:最優秀者 1 名(チーム)に対して、シンポジウム内において表彰。
1. 優秀賞にWolfram|One 1年分
2. 最終選考チーム全員にWolfram|Alpha Pro 1年分

エントリー期間:2022年12月15日(木)~ 2023年2月12日(日)
一次審査:2023年2月13日(月)~ 2023年2月17日(金)
※一次審査通過者にはプレゼンテーション動画をお送り頂きます。
二次審査:2023年2月26日(日)~
※3月8日当日に結果発表、受賞者のプレゼンテーション動画を放映します。
◆応募書類、発表にかかる知的財産権の扱い等については、従前のアイディア・チャレンジ実施にかかるものを準用します。

※ SDGsとは、国際連合が2015年に定めた持続可能な社会実現のための17項目からなる目標(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)の略で、2030年の達成を目指すものです。私たちは、この目標達成のためには、データに基づく思考が重要と考えており、今回のLTでは、上記の17目標の中から1目標を選んでいただき、その目標に即した皆様の斬新なご発言を期待しています。

(参考)https://wids-ycu.jp/challenge/

LTスピーカー 応募ページへ